教育目標・教育方針・校訓・校章の由来
教育目標
新しい時代における自己の役割をたしかめ、社会に貢献できる有為な人間を育てるために、知・徳・体の調和を重んじ、豊かな教養と正しい判断力を身につけさせることを目標とする。

教育方針
◯創造の精神を尊び、積極的に自己開発に努める人間の育成
◯人類を愛し、知性を重んじ、情操の陶冶に努める人間の育成
◯心身ともに健康で、明るく調和のとれた人間の育成

校訓
創造 協調 躍進

校章の由来

 校章は「桜」を図案化したものである。
1 古来、桜は「花王」と称され、わが国において花といえば桜を指すほど代表的な花木である。
2 明日に生きる県都の代表校のシンボルにふさわしく、また朝日の光に咲き匂うイメージは「東」の名称になじむものである。
3 桜は日本人の精神と伝統の象徴であり、秀でた資質や豊かさ、繁栄を意味し、教育の根源の理想を表している。
4 学校敷地内に多数の桜の樹木があり、シンボルとして親しみ、共感を呼ぶことができる。
5 桜の五弁は理想・真実・創造・協力・躍進の五つの徳目を表し、各花弁の芯はそれぞれの徳目の伸びゆく姿を示している。
     ※スクールカラーは理想を象徴するスカイブルーである。