校長室

校長室

1学期始業式 校長の話(骨子)

始業式は体育館で行い、次の話をしました。

〇 皆さんの元気な姿を見ることができ大変嬉しく思います。

〇 春休み中も部活動に一生懸命に取り組む姿を見ることが

  できたことも嬉しいことです。

  ダンス部は東北ブロックの大会(50数校が参加)で

  8位に入賞し、優秀賞に輝きました。

〇 勉強の話を一つだけします。

〇 私自身も皆さんと同じように毎日勉強して学んでいます。

  ラジオ講座で英語を勉強したり、先生方からも様々なことを

  学んだりしています。生徒である皆さんからも学んでいます。

〇  その中でいつも心掛けていることがあります。

〇 それは3つの目を持って学ぶことです。

  「鳥の目」 「虫の目」 「魚の目」

〇 「鳥の目」とは広い視野を持つことです。

  「虫の目」とは様々な視点を持つことです。

  「魚の目」とは流れを読むことです。

〇 皆さんもこの3つの目を持って学びを深めてください。

〇 令和3年度も勉強に部活動にと皆さんが活躍することを

  期待しています。

  そして皆さんが元気で健康な学校生活を送れることを願って

  います。

  また、私自身も校長として、皆さんが有意義な学校生活を

  送れるように一生懸命にやっていきます。

  

3学期終業式 校長の話(骨子)

今年度初めて、体育館での全校集会となりました。

終業式では次のことを話しました。

〇 新型コロナウイルス感染症の影響で、休校となったり大会は中止となったり

  するなど大変な1年間だったが、皆さんは勉強に部活動に一生懸命に取り組

  んできました。

〇 先週、校内放送でも話したように日高先生が病気により3月2日に御逝去

  されました。本校には7年間勤務し、38年間の教員生活を終える予定でした。

  日高先生は数学を教えることが大好きな先生でした。

  身体を張って教育に身を捧げた先生でした。

  そして、いつも生徒の笑顔を見たいと思っていた先生でした。

  心よりご冥福をお祈りいたします。

〇 1年間が終わるにあたって振り返りをしてください。

  そして、自分が今どの位置にいるのかを確認してください。

  また、自分を見つめ直し、自分を知ることが大切です。

  その上で、2年生・3年生に進んでください。

〇 1学期の始業式で私は「ことばを大切にして学校生活を

  送ってください」と話しましたが、どうでしたか。

  このことについても振り返ってください。

  毎日何気なく話していることばが、相手にどんな意味を持つのか。

  相手にとって良いことばであればいいが、悪いことばは相手を

  一生涯に渡って傷つけてしまいます。

〇 4月にまた皆さんの元気な顔がここに揃うことを期待して、

  校長の話を終わります。

  

チャレンジ・アワード 入賞

宍戸結実さん(2年生)が、環境省主催の『いっしょに考える

「福島、その先の環境へ。」チャレンジ・アワード』において、

高校生部門141作品の中から入賞しました。

宍戸さんは、「守り続ける福島、変わり続けるふくしま」と題して、

住民参加型の議会を開き、市民、県民に寄り添った行政を展開

することを、提案しました。

 

 

 

高文祭写真展 優秀賞

今野 陽喜 君(1年)が、第39回福島県高等学校総合文化祭写真展で、

優秀賞を受賞しました。

テーマは「頭になにかのってる」です。

頭に何か生き物をのせているカマキリの表情を、

上手くとらえているのが評価されたようです。

おめでとうございます。

 

読書体験記コンクール 入選

酒井咲良さん(1年)が、第40回全国高校生読書体験記コンクールで

入選しました。

酒井さんは「前を向くために」という題で体験記を書きました。

おめでとうございます。

柔道部 東北大会出場

先日行われた第43回全国高等学校柔道選手権大会福島県大会において、

本校の月舘くんが準優勝となり、東北大会の出場権を獲得しました。

月舘くんはまだ1年生です。

今後のますますの活躍が期待できます。

サッカー部 12年ぶり東北大会出場

本校サッカー部が、令和2年度県高校新人戦サッカー競技において

準優勝となり、12年ぶりに東北大会の出場権を獲得しました。

来年の1月29日(土)からJ-Villageで東北大会が開催されます。

さらなる活躍を期待したいです。